第8回ボードゲーム会開催

本日、ネクストワン名張本店さんでボードゲーム会を開催しました。

本日の参加者は・・・2名! ですので2人用ゲームが中心となりました。

〇鮪尽くし

カードは鮪のお寿司ばかりですがテーマは「麻雀」で、お互いに上がりの状態を待つ5枚と捨て札にする6枚を分け、捨て札を捨てて上がれるカードであれば上がります。2枚三種ずつか3枚2種ずつであれば上がり、その役で得点を競います。自分はどんな役を狙えるのか、相手はどんな役を揃えたいのかということを考えて分けないといけません。麻雀の部分をぎゅっと凝縮した麻雀を知らない人で簡単に遊べます。


〇桜降る代に決闘を

カードを使った対戦格闘ゲームといった感じで、相手との間合い・カードの効果を考えながら相手のライフを削り切ります。上の写真は練習用のデッキセットでの対戦。たった10枚のカードをどう回して勝てるかを模索します。かなり頭を使うゲームです。

実際は上の写真のように二柱のメガミのカード計22枚の中から10枚を選んで対戦します。

自分は今回が初めてでしたのでうまく組めずほとんど振るわず・・・対戦相手の方は

ユリナ・オボロのペアデッキがよくハマっていました。


〇呪われたクリーチャー

クリーチャーの猛攻からライフを失わないようにする協力ゲーム。1~40のクリーチャーカードとアイテムカードの混ざった山札から1枚ずつカードを引き、アイテムなら確保、クリーチャーなら並べます。クリーチャーカードの数字以上ならクリーチャーを倒せますがどちらも同数ですので効率よく使わないといけません。一定条件がそろうとクリーチャーの攻撃を受け、かわせなければライフが減ります。ゼロにならないよう山札を無くしかつ攻撃を退ければプレイヤーの勝ちとなります。どちらのカードも同数なので思ったように出せず今回は1度負けましたが2回は勝利出来ました。

〇モンスターメーカー

ダンジョンを進んでお宝を取り、また無事に脱出するゲームです。通路カードを出せば進めますが、モンスターカードを出されるとそれを倒すまで進めません。倒すにはキャラクターカードを出してダイスを振ってモンスターの数値以上の出目にしないといけません。妨害と進行を繰り返しうまくお宝を見つけて脱出しましょう。今回は2人プレイでしたので最初はモンスターの送りあいで中々進めませんでしたが、後半はお互い進路カードで一気に進んで一気に終わった感じです。


名張ボードゲームコミュニティ「椛」

名張でのボードゲーム会の日程の案内やその様子、主催の所有ボードゲームのリスト、 主催のボードゲーム関連記などを掲載していきます。