2018年6月桜井市立図書館ボードゲーム体験会参加


本日は三郷サイコロクラブさん主導の桜井市立図書館での

ボードゲーム体験会に参加しました。急遽ではありますがプレイヤー兼スタッフ側として。

自分がプレイしたゲームは




〇センチュリー:スパイスロード(自持ち込み)

手札のカードを使ってスパイスを得てそのスパイスで勝利点カードを取って

得点を稼ぐゲームです。やはり黄色4個獲得の商人カードが強い。

7月発売の続編イースタンワンダーズも楽しみです。


〇アブルクセン(自持ち込み)

手札のカードを出し切るゲーム。同じ数字は何枚でもセットで出せますが、自分の出したカードが相手の出したカードと同じ枚数でより高い数字ならそのカードは吹き飛ばされてしまいます。吹き飛ばしで相手のカードを取ることもできます。手札のカードを整理してどう一気に出してあがるかを組み立てていくのが楽しいゲームです。


〇デッドマンズドロー

山札からカードを引き、すでに出た絵柄のカードと被らないように取っていくチキンレース的ゲーム。出したカードによって色々な効果も発揮するので一度取ったとしても気は抜けません。


〇ファブフィブ(自持ち込み)

3枚のカードを数字を宣言して回すゲーム。必ず「百の位≧十の位≧一の位」になるように宣言しなければなりません。なので必ず嘘が出てきます。その言った数字は果たしてほんとかウソかを見破るゲームです。今回3枚全て0の状況を初めてみました。


今回改めて思ったことはボードゲームに書かれている推奨年齢は鵜呑みにできないということですね。カタンやカルカソンヌを小さいころからプレイしている子たち等は理解が早かったりします。逆にまったくやってない子は対象年齢が足りていても難しいと感じることもあります。これを自分のボードゲーム会にも活かしていきたいです。

名張ボードゲームコミュニティ「椛」

名張でのボードゲーム会の日程の案内やその様子、主催の所有ボードゲームのリスト、 主催のボードゲーム関連記などを掲載していきます。