ニコニコ超会議2018&各ボードゲーム店舗 購入品。

まずはニコニコ超会議2018で購入したボードゲームは

〇8ビットモックアップ

プレイヤーの一人が捲っていくパネルを他の人も同じ番号捲り、地形を繋げていくことで得点を繋げていく富くじ系タイル配置ゲーム。

〇モンスターメーカー

手札の数字カードでダンジョンを往復してより良い価値のお宝を持って無事脱出することを目指すゲーム。手札のモンスターを使って相手を妨害するタイミングが重要になります。

〇アルパカパカパカ

手札管理で自分のアルパカの得点を上げていくゲームです。

〇ゆるキャン△~どこでもテント貼り!~

手札から順番にカードを出して△(テント)状に出し切ることを目指す協力ゲーム。

〇鮪づくし

お互い聴牌(上がれる)状態で、相手に上がらせないように手札を捨てつつ自分の役を高い得点で上がるようにする2人用簡易マージャンゲーム。

〇ジャンドウィッチ

麻雀をパンで!?行うこちらも簡易マージャンゲーム。

〇寿芸夢

手札の漢字カードをドラフト形式で選んでいき、水族館や動物園などのお題に対してしっくりくるカードを出して投票でいいお題を決め得点を稼ぐ連想ゲーム

〇BABEL

バランスゲームで、8段のバベルの塔の建設を目指しますが、正体隠匿の要素として狂信者という裏切者が混じっています。裏切者に塔を倒させないよう完成を目指します。


こちらはボードゲーム店舗巡りで購入したゲーム。


〇さまことば/Quick Eye

「やわらかい」「白い」などの形容詞カードを出し、それに当てはまるモノを言うか出した形容詞カードを回収して得点化していく連想ゲーム。形容詞カードはどんどん付け足されていくのでそれに合うお題を言わなければそれまで出したカードを捨て札にしないといけません。

〇呪われたクリーチャー/Verflucht!

全員で協力してライフが尽きる前にクリーチャーをすべて倒すゲーム。山札から武器カードが出れば手札に回収、クリーチャーカードなら場に置かれます。場のクリーチャーは武器カードをクリーチャーの数字以上で出すことで倒すことができます。

〇弱者の剣

手札を出し切るタイプのゲーム。カードには青色の数字と赤色の数字があり、天秤カードの色によって数字が変わります。天秤カードの色を変えるのが弱者の剣カード。そのカードによって弱い数字が強い数字に逆転することがあるのです。それを見極めて見事手札を出し切ることを目指します。

〇タヴァンクエスト

冒険者の一人となりレベルアップするための経験値を集めるゲーム。0~9の数字のカードを各プレイヤーが持ち、1枚伏せて一斉にオープン。数字の小さい順から経験値を得られますが、数に限りがあるので大きい数字で大きく稼ごうとしても途中でなくなる可能性があります。また他の人と数字が被ると経験値がもらえません。その駆け引きが肝のゲームです。

名張ボードゲームコミュニティ「椛」

名張でのボードゲーム会の日程の案内やその様子、主催の所有ボードゲームのリスト、 主催のボードゲーム関連記などを掲載していきます。