2018年4月三郷サイコロクラブ参加

本日は三郷サイコロクラブさんにお邪魔しました。

本日遊んだゲームは


〇犯人は踊る

犯人が次々変わる中推測し特定のカードで当てるか犯人カードを出せば勝ちのゲーム

今回は「うわさ」の出番が大きく勝利を左右しました。2戦目では「情報操作」で自分の「犯人」を送り付け同時に「探偵」が回ってくるという絶妙のタイミングが来たことが気持ち良かったです。


〇バイバイレミング(自持ち込み)

最初の人がベースの「倍数」を決め、以降の人たちはその倍数かつ大きい数字のカードを出して手札を減らしていきます。限界が来たらパスして最後まで残った人が新たにベースの倍数を決めて…を繰り返し手札を出し切ることを目指すゲーム。手札の状況も重要ですがどのタイミングでどのカードを切るかが悩ましいゲームです。


〇リキュール・ザ・ゲーム

ゲームマーケット大阪で気になりながらも買い逃したゲームです。お酒のベースとなるカードとフレーバーとなるカードを組み合わせて場に出してリキュールを作り、出荷して得点を得ていきます。ベースカードを取るときに付随する条件を満たしたりトレンドという特定のカードやリキュールの条件を満たして得点を得ていくことが重要になります。対象年齢10歳以上らしいですが・・・20歳以上の大学生の方が楽しめるような気がしました。


〇リベリウム

カードに空いた穴にカードを差し込んで崩さないようどんどん繋げるゲーム。ザ・インスタ映えという感じのバランスゲームで、結構カードがしなるのでかなり難しかったです。


〇ゾーゲン(自持ち込み)

4種類の微生物が描かれた各自同じカード群を持ち、スタートプレイヤーがカードを1枚置いたと同時に自分のカードの中からその書かれている微生物の一つが「増えている」か「減っている」カードを微生物の名前を言いながら出していく反射神経がものをいうゲームで、手札が3枚になったら終わりと宣言します。最初に得点を7点稼ぐとその人が勝利者となります。間違って出したことを「ゾーゲン」と指摘すればその人の手札を戻せますが・・・自分は正直そんな暇はないと思います。


〇でんしゃクジラ

絵を特定の組み合わせで揃え9枚揃えた人があがりとなる麻雀のようなゲーム。相手が捨てたカードで役が出来れば出すことが出来ます。簡単な麻雀ではありますが実際やってみるとどう出し切るかが実に悩ましいゲームです。

名張ボードゲームコミュニティ「椛」

名張でのボードゲーム会の日程の案内やその様子、主催の所有ボードゲームのリスト、 主催のボードゲーム関連記などを掲載していきます。