ゲームマーケット大阪2018購入品

今回はブース番号の若い順に紹介します。

〇アブルクセン日本語版(アークライトゲーム)

手札のカードを出し切るタイプのゲーム。自分が出したカードの数が他の人の出したカードの数と同じでかつ高い数字だった場合、手札を元に戻すかその数の分山札や場に公開されているカードを引き取らなければなりません。手札のカードはマイナスになってしまいますのでどこで一気に攻めるか考えさせられるゲームです。

〇アズール ジョーカータイル(ホビージャパン)

タイル配置ゲームアズールの拡張タイルです。今回の購入品の中で最難関でした。

〇KittyS(リトルフューチャー)

猫が餌場で餌を取り合います。全員1~12の数字カードを持ち、1枚伏せて一斉に公開します。一匹ボスネコとなり、他の猫はボスネコのカード以下のカードを出すと得点となり、以上だと無効になります。ボスネコは他の猫と数字が1枚でもかぶるとその数字が無効になります。どこでボスを出し抜き大きい数字を手に入れるかが鍵です。

〇ライスダイス(トイドロップ)

1~6の賽の目がいずれか4つ+米粒の賽の目2つの特殊ダイスを使っておかずカードを手に入れていくセットコレクションゲームです。条件を満たしていないとおかずカードが手に入れられず、他の人に取られる場合もあります。

〇バイバイレミング(ケンビル)

手札のカードを出し切るタイプのゲーム。まず最初にベースの倍数となるカードを置き、その倍数の場所に出せれば以前のカードより大きい数字で出さないといけないのが基本ルールです。

〇テストプレイなんてしてないよ 黒(グループSNE)

とにかく勝てばいい単純明快で理不尽なカードゲームの単独拡張版です。今回はどんな効果のカードが襲い掛かってくるのでしょうか・・・。


〇コプラス(蒼猫の巣出張所)

コと+(プラス)のタイルを配置していき、宇宙人を捕まえて得点を稼いでいく陣取りゲームです。

〇ボトルインプ(蒼猫の巣出張所)

マストフォローのトリックテイキングゲーム。基本的に数字の大きい人が勝ちトリックを取りますが、一定数字以下(最初は19)の数字が出されるとその数字が必ず勝ちます。ただしボトルも一緒に引き取り、最後までそのボトルを持っていた人はマイナス点を食らってしまいます。

〇ゾーゲン(オインクゲームズ)

同じカード群をそれぞれ持ち、4種の微生物が描かれています。誰かが最初にカードを出しそこから1種類減っているか足されているカードをその名前を宣言しながら出し手札をなくせば勝ちの反射神経ゲームです。間違っていたら「ゾーゲン!」と言って指摘された人の手札は全て戻ってしまいます。

〇モダンアート ドイツ圏限定版(オインクゲームズ)

色々なバージョンがある名作競りゲームのドイツ語圏でしか販売されていない限定品です。日本語訳は付いていませんが持っていなかったのでせっかくなので購入しました。

〇メモアァール! 海外版(Kleeblatt)

神経衰弱のように遊ぶゲーム。前の人がめくった絵カードの動物か背景が一致しているカードをめくればセーフ、一致していなければアウト。最後まで残れば財宝カードが手に入ります。その得点が多い人が勝利します。

〇ヒトトイロ(COLON ARC)

協力ゲームです。一人のお題に対しどの色が当てはまるか想像してカードを置いていき、五回行ったら答え合わせ。見事全員がそれぞれのお題で色がすべて一致していれば全員勝利となります。

〇ギャングスターパラダイス 試作名刺版(カイシンゲームズ)

赤・青・裏切者・共謀者・臆病者どれかの陣営に属し、仲間を探りながら勝利条件を目指す正体隠匿系ゲーム。時には銃を突き付けて脅したりすることも可能です。



〇ボブジテン その2(TUKAPON)

カタカナ語をカタカナ語を使わずに説明するコミュニケーションゲーム、その続編です。今回はジェスチャーで伝える特殊カードが入っています。

〇シルトリ(88create)

カードに書かれているシルエットから想像したことを言葉でしりとりにしてみんなの支持が得られると得点になります。

〇STATUS(くだらないもの工房)

出題者がお題を決め、グラフにそれぞれの項目を振っていき、そのお題が項目にどれくらい当てはまるかを出題者がグラフで表して、そのお題が何なのか回答者たちが当てるクイズコミュニケーションゲームです。

〇ギリギリカレー(EJIN研究所 販売ブースはJELLY JELLY CAFE)

手札の具材カードを各鍋に仕込んでおいしいカレーが出来上がるよう(テイスト値が高くなるよう)に完成させるゲームです。鍋にはリミット値が設定されており、その値が具材カードに書かれたバランス値の合計を上回るとアウト。鍋とともにレシピカードが置かれ、特定の具材のバランス値が無くなるという効果が付与されます。超えるか超えないかのギリギリを見極めるチキンレースなゲームです。

〇四季の森(ビッグファンゲーム)

四季折々の果物を育てて収穫し、得点を得るゲームです。気象災害カードというバットイベントや置くときの制限に悩みつつ他の人の盤面を見て自分が集める果物を決めて集めていくことが勝利のカギらしいです。

〇かうんとり(OKAZU BRAND)

判断力が重要なゲーム。ルールと各6色を3つに分けたお題に沿って色と数字の書かれた山札からカードを引いて正しい宣言や行動をして失敗しないようにするゲームです。失敗すると溜まったカードを引き取らなければならなくなります。引き取ったカードが少ない人が勝ちです。


ということで購入品は計19コ。

あとはスリーブやゲームマットなどボードゲーム関連のアイテムも購入しました。



名張ボードゲームコミュニティ「椛」

名張でのボードゲーム会の日程の案内やその様子、主催の所有ボードゲームのリスト、 主催のボードゲーム関連記などを掲載していきます。