2018年3月三郷サイコロクラブ参加

本日は三郷サイコロクラブさんに参加させていただきました。

今回遊んだゲームは


〇伝説のかけら~saga~

ハンドマネジメントで得点を稼ぐゲームです。手札から出すか山札から引くを自分の手番で行います。カードの数字が得点になり、山札が尽きるか手札を出し切ると場に出したカードがプラス得点、手札のカードがマイナス得点。20点を手札の中で達成し宣言すると手札のカードがプラス得点、場に出したカードがマイナス得点になります。場に出すと効果を発揮するカードがありますので手札のカードを見てどちらが得になるかを判断しハンドマネジメントをします。自分はなかなか得点につながらずでした・・・。


〇アズール(自持ち込み)

自分のボードゲーム会でもプレイしたアズール。今回は自分も含め3つのアズール持参がありました。今回は同色5種確保が達成できなかったです。


〇ケーキバイキング

手札のカード3枚から始め、山札からカードを1枚引きます。3枚以上であれば他の人に私、手札のカードを同じ絵柄2つで揃うと場に出し、そのカードのカロリーが場に溜まります。できるだけカロリーを少なくする「女子会ルール」とできるだけカロリーを多くする「男子会ルール」があり、どちらのルールかで集める手札が違ってくるのです。

なかなか効率よく集めたり集めなかったりするのは難しいですね。



〇ミスターダイヤモンド

台座に固定されているダイヤモンドトークンと固定されていないダイヤモンドトークンがあり、山札からカードを引いて台座から動くダイヤモンドのトークンを乗せて得点化していくゲームです。どちらも見分けが付かないのでどれが固定されているかを覚える必要がありますが…まあ覚えられません。やることは至って簡単ですがかなり難しいゲームです。


〇キング・オゾ

片方は透明のビーズ、片方は色のついたビーズが繋がれた紐を一人のプレイヤーが持ち、色を宣言してまとめて落とします。透明なビーズの部分を引っ張って宣言された色の紐を見つけ出していくゲームです。紐の長さが違い、最終的に集めた紐の長い人が勝利します。

少し色が宣言しづらいものがありましたが、手軽に遊べるゲームです。


〇8ビットモックアップ

全員同じ25枚のタイルを持ち、一人が進行役(神様)となって5枚タイルを抜いて裏向きに引き、他の人は引かれたタイルを配置していきます。赤いマスが引かれると一人ずつ黄(砂漠)・青(水)・緑(草原)のキューブのどれか一つを置きます。キューブが置かれたマスの黒い円が完成していれば1点、閉じ切ればその合計の倍の得点が入ります。合計点が1番高い人が勝利します。紫の地形は得点には全く繋がりませんのでそれを何とか外に追いやりつつ閉じれるようにタイルを配置するのが親の運任せではありますが非常に悩ましかったです。


名張ボードゲームコミュニティ「椛」

名張でのボードゲーム会の日程の案内やその様子、主催の所有ボードゲームのリスト、 主催のボードゲーム関連記などを掲載していきます。