第3回ボードゲーム会開催

本日はねくすとわん名張本店で第3回となるボードゲーム会を開催しました。

本日の参加者は・・・5名!

少しずつでも名張でボードゲームの輪が広がっているので嬉しい限りです。

本日プレイしたゲームは


〇戦国時代

専用ダイスを使って城に書かれた目を置いていき、全ての目を出せればその城を取っていき得点を競うという陣取りのようなゲームです。列に複数あるもの(画像だと江戸城の弓と騎馬)は一度で出さないといけません。城は大名別(色)で分かれており、一度取った城は他の人に攻め取られる可能性がありますが、同じ大名の城を全て取ると裏向きになり取られることはなくなり、裏の点数に変わります。目が出ないと一つ降るサイコロを少なくして再度挑戦できますが、成立できなくなると失敗になります。この目が出てほしいのに出ないいいいいいい!という場面がもう何回も何回もありました。逆にそんなにいらないのにカブトの目が7個中6個も出るということも・・・。


〇SKULL(他の方の持ち込み)

プレイヤーごとに花3枚とドクロ1枚の手札から順に伏せ、花が全体で何枚あるかを予想し当てていくゲームです。ほかの人が全員降りると最終的に予想した人が伏せた手札を宣言数めくります。2回プレイヤーが当てるか、予想に失敗しドクロを引いてしまうと手札が減り無くなると脱落なので、最後まで生き残ると勝ちです。いきなりドクロを引かれ、ブラフを張れないまま進むこともあります。一人のプレイヤーが2つ分担当するゲームもプレイしてみました。


〇ポイズン

ここから戦国時代に続きクニツィア(ボードゲームの作者の名前です)祭りです。順番に鍋に赤・紫・青の霊薬カードか緑の毒瓶カードを入れます。書かれている数字の合計が13を超えるとその色のカードを全て引き取らなければなりません。引き取ったカードはマイナス1点(緑は2点)となりますが、その色を一番多く持っている人はそのマイナス分は免除されます。マイナスが少ないほうが勝利ですので如何に引き取らずに手札を使っていくか、また画像ではもうすべての色が13ちょうどですのでどこで引き取るとマイナスが少なくて済むかを考えながら出さないといけません。


〇ペンギンパーティー

再びクニツィアさん作の5色のペンギンを置いて手札をなくしていく(ゴーアウト)ゲームです。ピラミッド状に積んでいき、次の段には隣り合う2色のどちらかしか置けません。説明も遊び方も簡単だけど難しいカードゲームです。


〇海賊の宝島~オクラコーク~

自分のライフを維持しつつうまく宝石を手に入れていくカードゲームです。手札を出して親と同じ色があれば出さなければならない(マストフォロー)。出せなければ山札から1枚引き、出した人で数字が一番大きい人が出したカードを取れます(トリックテイキング)。手札を出し切ると脱出となり取ったカードに書かれた宝石分得点となりますが、少ないと逆にチキンな奴となり、ライフがチキンライフになりライフを一つ失うことになります。手札を出し切れず脱出できなかった人もライフを失います。初のトリックテイキング&マストフォローゲームですが、なかなか説明が難しかったです。


〇オキドキ

SANTAS、四日市インドア同盟に引き続いてプレイした40枚+10枚のカードを協力して全て出し切るゲームです。今回も一番簡単な難易度でのプレイでしたが、やはり成功できませんでした・・・。10列全て出し切れる日は果たして来るのだろうか・・・。


〇ニューロストレガシー

一人1枚手札を持ち、手番で山札から1枚引いてどちらかのカードを1枚出してその効果を発揮し画像のロストレガシーカードの居場所を探っていきます。山札が尽きるとそのロストレガシーカードの場所を言い、見事当てた人が勝者となります。効果の説明や勝利の流れの説明がまだ拙いと自分で感じましたが、何度もプレイしていくと他の方にも理解していただけたかと思いました。



〇ミツバチマッチ+

四日市インドア同盟ボードゲーム会でもプレイしました逆ババ抜きゲーム。2~3分とかからずインストでき、1ゲームが短いので何回もプレイできるのはやはり大きな魅力です。

自分のシャッフルが下手なのか何故かほとんど同じ人に占いバチカード(最初に女王バチをだれが持っているか確認できる)がいってしまいました・・・。シャッフルの仕方を考えるべきでした。


〇シークレットムーン

大臣陣営と姫陣営に分かれ、それぞれの勝利条件を目指す正体隠匿系ゲームです。他の人との相談は禁止で、自分の手番は3回しか回ってこないので、どの行動をすれば自分の陣営を勝利させることができるのかを慎重に考えていく必要があります。若干自分がポカした部分もありますが、お手軽で何回もできる正体隠匿ゲームでした。


次回は来年2018年1月開催予定となります。

この記事を書いた段階ではかなり早いですが、皆様良いお年を!

名張ボードゲームコミュニティ「椛」

名張でのボードゲーム会の日程の案内やその様子、主催の所有ボードゲームのリスト、 主催のボードゲーム関連記などを掲載していきます。